予防注射を打つならココ!!〜黄熱以外編〜

予防注射を打つならココ!!〜黄熱以外編〜

世界一周を安全に旅行するために絶対にうけておきたいのが、各病気の予防注射!前回自分が受ける予防注射について調べてみた。僕が実際に受ける予防注射がこちら!!

・黄熱

・A型肺炎

・破傷風

・狂犬病

これらの予防注射を受けてきたので、どこの病院がおすすめか紹介していこう!!

前回の記事はこちら!!

黄熱以外のワクチンはこちら!!

東京でA型肺炎や破傷風、狂犬病の予防注射を受けられる病院は60社以上ある。そのうちの中で、僕が実際に行ったのは、「ふたばクリニック」である!

予防注射を打つに当たって病院をいくつか調べてみたのだが、料金表が載っていなかったり、価格が高いところもある。その中でも、ふたばクリニックのHPは見やすく他の病院と比べると価格が安かった。また、世界一周を行っている人のブログをいくつか拝見したのだが、やはりふたばクリニックで予防注射を受けている人が多かった。

実際に予防注射を受けてみた!

まだ、仕事を辞めていないので、6月8日(土)に予防注射を受けた。土曜日は午後の診療がなく、9:00〜12:30までの午前中のみなので注意が必要。僕は、朝一9時30分位に行っただが、誰も待っている人はいなかった!ちなみにふたばクリニックでは、ネットから予約が取れるのでそちらを使うのもおすすめ!!

診断が始まるといくつか質問される。

・いついくのか?

・どのくらいいくのか?

・どの国にいくのか?

・何の注射を打つのか?

比較的若いお医者さんで世界一周の注射はお手の物という雰囲気がバンバン出ていた!笑 なので、実際にどのような予防注射が必要ぁわからない場合は、相談だけでもしにくのが良いだろう。

 

質問が終わると注射を受けるスケジュールを組んでくれる。ここで重要なのが、黄熱の注射をいつうけるかである。黄熱の注射をうけた場合、4週間は他の予防接種をうけることができないためだ。僕は、そのことを全く知らなかったため、翌週に黄熱の予約を入れていた。そこで、まず黄熱の予約を7月にずらせるかを電話で確認し、予約をずらしてもらった!

 

そこで組んでもらった僕のスケジュールはこちら!!

6月1日  ①狂犬病 ①A型肺炎

6月8日  ②狂犬病 破傷風

6月22日  ③狂犬病 ②A型肺炎

7月6日  黄熱病(違う病院)

※狂犬病計3回、A型肺炎は計2回注射をうけなければならない。

 

1ヶ月弱あれば、予防接種はうけることは可能なので、スケジュールをしっかり決めていくことが重要になる。

そのときに、こんなカードをもらった!うけた予防注射を記載してくれているので、海外に持っていくことをおすすめする!

予防注射にいくらかかる?

黄熱以外の予防注射にいくらかかるかというと、合計で40,300円!!

こう見ると結構高い。。。タイでうければ、半額位に抑えられるかとは思うが、日本で安心して予防注射をうけたかったので、しょうがない!!ちなみに金額は、以下となる。

狂犬病=8,500円

A型肺炎=6,000円

破傷風=2,800円

準備が大切!!

予防接種は、日本でうけるかタイでうけるかの二択になるかと思うが、僕はしっかり日本でうけることをおすすめする。やはり日本でうけたほうが、安心はするし、どこに行っても安心、安全に旅ができる。予防接種をうけないでタイに行って、病気にかかる可能性もあるしね。日本でうける場合、1ヶ月〜1ヶ月半かかるので、自分が出国する日にちから逆算して、うけてください!また、黄熱病の予防注射をうけたら記事にします!