【こだわりポイント9】素人DIYした軽バンを公開!

【こだわりポイント9】素人DIYした軽バンを公開!

ジモティで購入したスズキエヴィリイの軽バンを素人がDIYしたので、車の中を紹介!(一部手伝ってもらってる)

こだわりのポインが9つあるので、1つずつ紹介していく。

これから、軽バンを改造していく方は是非参考にしてほしい!!

また、youtubeでも軽バンについて説明してます!

旅の様子をyoutubeにUPしているので、是非観てください!

Point1 天井

本当は、天井に木を貼りおしゃれにしたかったのだが、天井が低くなるため布を貼り付けた。

天井

布は、タッカーと元から止まっていた留め具を利用した。(タッカーは、ダイソーで100円で購入できる!)

ただ、布をしっかりと測らずに切ったため、ところどころ雑に・・・笑

これも、素人ならでは!

天井の費用・布代:2,000円
・タッカー:300円
・タッカー針:100円
合計:2,4000円

Point2 座席上の棚

寝る場所の上に棚を作ると、頭があたってしまうため座席の上に棚を作った。

座席上収納

板をコの字型に切り抜き、L字フックを反対側に伸ばしてネジで止める。

L字フック

それを、サンバイザーの部分に差し込み、端は取っ手と板を結束バンドで止めた。

結束バンド

これだけで、ガッチリとハマり全然動かないようになる。

また、板の左側には穴を開けてティッシュを簡単に取れるようにした。

ティッシュ

板には、天井と同じ布を貼り色を統一!小物などすぐ使う物を置いとけるので、便利!!

座席上の棚の費用・板:200円
・布:100円
・L字フック×2:200円
・結束バンド(大量):100円
合計:600円

Point3 カーテン

窓を覆い隠すカーテンを前・後ろに取り付けた。

前は先程の座席上の棚に、コの時の小さい木を上向きで左右に取り付けた。突っ張り棒に100均で購入したカーテンの留め具を通し、その上に載せカーテンを取り付けた。

カーテン取り付け

カーテンは布屋さんで購入し、ほつれが出ないようにミシンで縫い合わせた。

カーテン前

後ろは、100均で買った丸い穴が空いた吸盤付きの商品があったので、それを車体に空いていた穴(留め具がついていた)に入れ込んだ!

カーテンレール

ぴったりはまって、動かなくなったので、前と同様に突っ張り棒にカーテンの留め具を通して、カーテンをつけた。

カーテン後ろ

ただ、カーテンも設計ミスで幅が少し足りない結果に・・・

そのため、タオルなどを付け加えて見えないように工夫している!

座席上の棚の費用・カーテン布前後:1500円
・突っ張り棒×2:200円
・カーテン留め具×2:200円
・丸い穴が空いた商品×2:200円
合計:2,100円

Point4 洗面台

1番大変だった箇所!本当はなくてもよかったのだが、彼女がどうしてもほしいとのことだったので、作成した。

洗面所

ただ、寒い日や面倒な日は車内で済ませられるのであると楽。

木をL字フックで車体と固定。下のみだけの固定だと不安定だったため、車体にも打ちつけた。上部にも木をつけて洗面用具スペースにしている。

横につけた木の真ん中部分を切り取り、丁番をつけて開閉できるようにしている。また、シンクは100円均一で購入し、穴をあけ排水口を取り付けた。

洗面所 自立

裏にはじょうごとホースをつけ、上から流れる水を下の水受けに流れるようにしている。本当は金具を使い直立させようとしていたが、ホースだけでも直立できた!

見た目もこだわり、壁紙とペンキを塗りおしゃれにした。

ただ、こちらも設計ミスでシンクから水が上手く流れず、残ってしまう。もっと中央に排水口を作ればよかった・・・

そのため、余った水はタオルで拭くようにしている。

洗面台の費用・木材:500円
・L字フック×4:400円
・シンク:100円
・排水口:100円
・じょうご:100円
・ホース:700円
・水受け:100円
・丁番×2:200円
・ジャグ:300円合計:2,500円
Advertisement

Point5 マットレス

マットレスは、ベニア、タイルカーペット、マットレスの3構造になっている。それらをまとめて合皮レザーで覆いタッカーで打ち付けた。

マットレス

3構造にすることで、程よい弾力と柔らかさを作ることができる。

マットレスは、ニトリのセミダブルを買い、車内の大きさに合わせて切った。

レザーは、店頭で買うと高いのでネットで買うことをおすすめ!色も豊富にあるので、自分の好きなカラーに合わせて作成することができる。

マットレスの費用・マットレス:10,000円
・ベニア:1,000円
・タイルカーペット×4:400円
・レザー:4,000円
合計:15,400円

Point6 収納スペース

なるべくマットレスの上に荷物を置きたくなかったので、床を30cmくらい底上げして下に荷物を入れられるようにした。(これは知り合いにやってもらった)

収納2

車内にいても、荷物を取り出すことが可能!

洋服や料理に必要な道具を収納している。

収納1

また、その下のスペースも有効活用して、荷物を収納している。

Point7 サブバッテリー

ポータブルバッテリーとサブバッテリーと迷ったが、サブバッテリーの方が安かったので、サブバッテリーにした。

サブバッテリーは、エンジンから電力を流すため、素人でやるのは難しい。そのため、知り合いに頼んで設置してもらった。

購入したサブバッテリーはACDelco [ エーシーデルコ ] マリン用ディープサイクルバッテリー 国産車 [ Voyager ] M31MF。

大型バスボート用の電源などにも使われているやつらしく、あまり良くわからなかったため、大きい容量を高した。

電力は約100Wくらいまで耐えられる。ただ、ドライヤーやコテなど電力が強いものを使うと、電源が落ちてしまうため注意が必要!

サブバッテリーを使う際に必要なのが、インバーター。

インバーター

エンジンからの電力を家庭電化製品に使える電力に変えてくれる機械。

購入したのは、こちら!

このインバーターは、なめらかな曲線で電力を変換してくれる「正弦波インバーター」。家庭で流れる電力は、正弦波交流なのでこれであればほとんどの家電は使えるようになる。

 

サブバッテリー費用・サブバッテリー13,600円
・インバーター:11,000円
・ケーブル:2,000円
合計:22,600円

Point8 窓枠

本当はカーテンですべてを覆うのが楽だが、邪魔になったり、取り付けが大変だったりする。そのため、僕たちは窓枠に合わせてプラ板をはめている。

窓枠

作り方は、窓に水を吹きかけてゴミ袋を貼り付け、窓の形取りをする。それを、プラ板に乗せて切り取る。切り取った部分は、怪我をしないようにテープなどで止めておくとよい。

また、プラ板だと殺風景なので壁紙を貼っておしゃれにしている!

窓枠費用・プラ板:1,000円
・壁紙×4:400円
合計:1,400円

Point9 テーブル

これも知り合いにやってもらった部分となっている。

床を底上げした際に、後ろ部分が少し隙間があったので引き出し式のテーブルを作ってもらった。

テーブル

足は、取り外し式のホームセンターでぴったりの長さのものが売っていたのでそれを取り付けている。

テーブル足

キャンプの時や外で作業をしたいときには一役買っている!椅子は、ホームセンターで購入した折りたたみ式の椅子を使っている。

>机費用・足×2本:4,000円
・シート:1,000円
合計:5,400円円

まとめ

知り合いに手伝ってもらった部分も多々あるが、自分たちでDIYをしたのが初めてだったので、雑になってしまったところも沢山あった!笑

ただ、自分で作ると愛着も湧き、旅も楽しくなる。

細かい部分はyoutubeでも説明しているので、こちらも参考にしてほしい。もし、何か聞きたいことがあれば、お気軽に質問ください。