道の駅 第九の里で車中泊は可能?

道の駅 第九の里で車中泊は可能?

今回は、徳島県の道の駅 第九の里での車中泊についてレポートします!

実際に車中泊をした経験をもとに、点数をつけていますので、是非車中泊の参考にしていただければと思います。

ただし、僕たちが訪れた後に車中泊が禁止となっている場合があります。

「車中泊禁止」の看板があった場合は、車中泊を控えましょう!

また、ご利用方法を守り、周囲の人に迷惑がかからないように車中泊をしてくださいね。

旅の様子をyoutubeにUPしているので、是非観てください!

 
Advertisement

道の駅 第九の里で車中泊は可能?

2021年5月に道の駅 第九の里に車中泊を訪れましたが、車中泊は可能でした。

夜は僕たち以外にも車中泊や休憩している方もいました。

道の駅 第九の里の基本情報

住所/〒779-0225 徳島県鳴門市大麻町桧字東山田53
営業時間/午前9:00~午後17:00
TEL/088-689-1119
HP/http://www.city.naruto.tokushima.jp/contents/michino_eki/
駐車場/大型:10台 普通車:43(身障者用3)台
その他/ゴミ箱あり(缶・ビン・ペットボトルのみ)
引用:道の駅公式HP

道の駅 第九の里の車中泊評価!

駐車場 4
トイレ 3点
環境状況 4点
その他施設 4点
おすすめ度 3.75

評価基準について

・駐車場:駐車場の広さ、傾斜などを考慮して、1〜5点の間で採点
・トイレ:トイレの綺麗さ、温水便座位の有無、トイレの数を考慮して、1〜5点の間で採点
・環境状況:静かさ、明るさ、人通りを考慮して1〜5点の間で採点
・その他施設:道の駅の販売商品、その他商業施設有無を考慮して1〜5点の間で採点
 ※おすすめ度は、4つの基準の平均点を記載しています。
 また、こちらの評価は私達が実際に訪れた体験を元に作成しています。

道の駅 第九の里は静かでしたので、車中泊として最適な道の駅でした。

外に水道施設があったのでとても便利でした。

駐車場について

停めるスペースが多いわけではないですが私たちが泊まった時は他に1台のみでとても空いていました。

おすすめの場所は、水道設備に近いこちらです。

駐車場

僕たちは、販売所前の道路側の駐車場に停めたのですが、少し傾斜がありました。

トイレについて

トイレは、古いですが綺麗にされていて清掃が行き届いてる印象でした。

トイレ個室

トイレ

洗面所

ウォシュレットもついていました。

環境状況について

交通量も少なく静かに寝ることができました。

朝になると道の駅に買い物に来る人がちらほらいましたが人はそんなに多くなかったです。

Advertisement

その他施設について

ゴミ箱はありましたが、缶・ビン・ペットボトルのみで一般ゴミはお持ち帰りくださいと看板がありました。

すぐ近くに鳴門市ドイツ館や賀川豊彦記念館があります。

建物

松江豊壽像などもあり、訪れたついでに歴史に触れることもできます。入館は午後4時30分までとなっています。

販売所は野菜やお土産など販売しており、軽食コーナーでドイツにちなんだ食事が味わえます。

レストラン

道の駅 第九の里に行ったら大鳴門橋遊歩道 渦の道がおすすめ!

大鳴門橋遊歩道 渦の道は、橋の上から渦潮を見下ろすことができるスポットです。

渦の道

一部、歩道橋は透明のガラスになっているので、スリル満点です!

渦潮

こちらに行く際は、渦の時間をチェックしておいてください!

僕たちは、渦の時間から遅れてしまい、大きな渦潮を見ることができず落ち込みました。笑

大鳴門橋遊歩道 渦の道
住所/ 〒772-0053 徳島県鳴門市 鳴門公園内
営業時間/夏季(3月~9月)9:00~18:00 ※入場は17:30まで
GWと夏休み期間は8:00~19:00 ※入場は18:30まで
冬季(10月~2月)9:00~17:00 ※入場は16:30まで
定休日/3月、6月、9月、12月の第2月曜日
HP/https://hirome.co.jp/
引用: 大鳴門橋遊歩道 渦の道HP

まとめ

道の駅 第九の里の特徴をまとめると、

道の駅 第九の里の特徴・快適に過ごせる
・水道設備があり便利
・ドイツ館が併設され観光もできる

道の駅 第九の里は車中泊におすすめです!

ご利用の際は、ルールを守り他の人の迷惑にならないように楽しんでください!

Advertisement