〜キルギス編 day1 日本人宿の安心感!〜

〜キルギス編 day1 日本人宿の安心感!〜

ホテルでシャワーを浴びれたし、ゆっくり寝れてよかった!ホテルの人が、1時にタクシーを呼んでくれるとのことなので、ゆっくり準備することに。ただ、ゆっくりしすぎて朝食を食べるのを忘れてた!もったいない。笑

昨日タクシー代を貰っていたので、「これで足りる?」とホテルの人に見せると、「足りない!」とのこと!

「これしかお金ないんだけど、、、」と言うと、宿のおっちゃんがお金を恵んでくれた!ありがとう!!みんな優しくてよかった。

ニューデリーでチェックインは終わっていたので、そのまま荷物検査へ。空港内は、小さいが綺麗だった。何か食べようかと思ったが、意外と食べ物が高かった。なので、持っていたポテトチップスと、1ユーロのコーラで済ませることに。ここからまた、飛行機移動。

ビシュケクまでは、1時間弱で到着!恐れていた、ロストバゲッジもなくちゃんと荷物を受け取ることができた!キルギスの空港から市内まではマルシェルートカーというバスみたいなのが、出ている。

空港を出て右のほうへ行くと簡単に見つけられる。マルシェルートカーで市内まで行くのだが、宿までは一旦乗り換えをしなければならない。Googleマップを見ながら降りるところを確認。

乗り換えなければ行けなさそうなところで、降りれたのだが、次のバスが分からない。地元の人に聞いたけど、分からないそう。宿までは約3kmあったのだが歩くしかなそう。荷物重いし、暑いしで大変だった。

約40分歩いて今日の宿「サクラゲストハウス」に到着!ここは、オーナーが日本人なので、日本人が多く集まるそう。なちえと別れ、不安だったので日本人宿にした!場所は、こちら。

部屋に泊まっているのは、日本人だけだった。笑

その中の1人のおじちゃんが夜ご飯まだだったそうなので、お供させてもらうことに。宿から近くのチャイニーズレストランに行った。サクラゲストハウスに泊まっている日本人は、よくここに来るそう。味は美味しかったけど、辛かった!

一緒にスーパーにも連れて行ってくれた。ドミトリーだとこんな感じでみんな助けてくれるのがいいな。

とりあえず、キルギス編はじまるぞ!