〜ジョージア編 day6 他の国とは大違い?トルコ行きのバスは快適!?〜

〜ジョージア編 day6 他の国とは大違い?トルコ行きのバスは快適!?〜

朝起きるとめちゃくちゃ体調が悪い。これは熱がありそうと思い、布団にくるまって寝てみる。すると、体調もそこそこ回復したので一安心。今日から二夜連続で夜行バスなので、体調壊したらこれからの予定が狂ってしまうところだった。危ない!

お昼ご飯は、ムウがパスタを作るとのことだったので、一緒に食べる頂く事に。ジョージアにはトマト缶が売っていたので、トマトソースパスタを作ってくれた。ただトマト缶の味が濃く全部食べきれなかった。ごめんよ!

宿のシャワーからずっとお湯が出てないそうなので、今日もNO.5に行くことにした。もう3回目だから、もう常連オーラで入浴!今日は体調良くないので、サウナはやめてお湯に浸かるだけにしておいた。やっぱり温泉サイコー。日本帰ったらすぐ温泉行こう。

その後は、トビリシ市内をブラブラと観光。再来週からキプロスに行き、キルギスで知り合ったジミーに会うのでお土産としてワインを買うことにした!どこで買うのが良いのか分からなかったので、雰囲気が良さそうな地下のワイン屋に入ってみた。

中に入ると僕だけしかいなく、少し緊張。しかもワインなんて、全然飲んだことない。すると、店員さんが声をかけてくれて、色々おすすめを紹介してくれた!また、様々なワインのテイスティングをさせてくれた。

赤ワイン 3種、白ワイン 3種 全て味が違くて美味しかった。僕としては、白ワインの甘いやつが好きだったけど、ジョージワインとして有名なワインを買っていくこと決定!

価格は、40ラリ(約1,600円)。安い!帰り際に、チャチャというアルコール45度のお酒を少し飲ませてもらったが、きつかったー。これもジョージアのお酒として有名だそう。沢山テイスティングさせてもらえるし、安いのでお酒好きな人は、ジョージアおすすめ!

その後は、街をブラブラしながら宿に戻った。8時のバスなので、それまでゆっくり準備をしつつ、ダラダラしながらバスまでの時間を待つ。

ちょうどムウもトラブゾンに向かうとのことだったので、一緒に向かった。6時半頃バスターミナルに到着。

ムウはまだチケットを取ってなかったそうで、チケット売り場で聞いてみると、、、全て売り切れとのこと。(前日までにチケットは買っておいたほうがよい)

すると、マルシュルートカであれば、トラブゾン行きが残ってるとのこと。55リラ(約2,200円)と少し高いけど行けるならいいね。ということで購入。

※後日聞くと、トラブゾンまで行かず、国境を過ぎて降ろされたそう。マルシュルートカで行かないほうが良い。

バスまでの時間でご飯を食べて、お金を使い切る。ジョージアともお別れで少し名残惜しい。時間になり、ムウとも別れバスに乗り込む。噂に聞いてた通りバスの座席広く、Wi-Fi、飲み物のサービスあったので快適に国境越え出来そう。

11時ごろにジョージアのイミグレーションに到着。ジョージアを抜ける時は、荷物を持たないで出国。トルコ入国の際に、荷物を持って入国する。両方とも簡単に抜けられたのでよかった!

トルコ入国の際に隣に座ってた、トルコ人から免税でお酒を買ってくれないと頼まれた。1人1つしか購入出来ないそう。荷物の運びじゃないからオーケーしてあげた。

イミグレーションも抜けて安心したけど、寝たり起きたりを繰り返してそんなにぐっすりとは寝れず。。。早くつかないかな。

Advertisement